過去の事例

70代 女性 腰椎分離すべり症 腰痛+左足の痺れ


画像をクリックすると拡大表示します

◆当院を利用するきっかけ
近所、紹介

◆鍼治療を受ける前の症状
腰痛。動くと腰部痛あり左下肢のしびれ等あり、2回の鍼で痛みが軽減した
その後、頚部から肩甲部と腕の痛みあり、まだ続行中

◆当院に来られる前に受けた治療
トレーナーによるストレッチ等、低周波治療、内服

◆当院の鍼治療を受けてどの様な変化があったか?
腰は痛みなく動けるようになる
頚部は治療中

◆その他感想
詳しい説明で施術してくれるので、安心して治療ができ楽に動けるように期待する

治療内容

長年腰椎分離すべり症ということで腰痛に悩まされてきたということでした。 来院時、動くと腰が痛く左足にしびれがあり、特に座ってから立ち上がる時に痛みが強くありました。

腰椎分離すべり症による腰椎の原因と、坐骨神経周囲の癒着による痛みが原因の2つが考えられました。
まずは、坐骨神経痛の症状を緩和するために、癒着していると考えられる場所の筋肉や神経を手技でリリースし、超音波エコーを見ながら鍼治療を行いました。

並行して、腰痛が強かったので、関節ニュートラル整体にて腰椎に対して施術を行いました。
腰椎分離すべり症の方の、すべっている部分の腰椎は非常に弱く金属疲労しているような状態なので、決して強くマッサージしたり、ストレッチしたり、牽引治療してはいけません。
金属疲労している部分を動かしすぎないように、30個以上ある脊椎関節を一つずつ調整しました。
3回目には痺れはありますが、腰に痛みなく動けるようにまで改善しました。
その後は腰に負担がかかりすぎないように関節ニュートラル整体をメインにしていきました。

現在は足のしびれと腰の痛みが改善したら、くびの痛みが気になるということで治療継続中です。

すべっている腰椎は非常に弱く金属疲労しているような状態で動かしすぎてはいけません。しかも長期的にみるとすべりが進行する場合もあるので整形外科専門医と連携しながら定期的に施術をする必要があります。

施術によりすべっている腰椎が元に戻ることはありませんが、症状を改善し進行を遅らせることはできると考えています。

このページのトップへ

肩こり・腰痛・ひざ痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・頚椎ヘルニア・むちうち・五十肩・スポーツ障害などの痛みやしびれ(痺れ)にお悩みの方、ぜひご相談ください。2011年4月の開業以来、千葉県浦安市・市川市・千葉市・船橋市・松戸市・柏市埼玉県春日部市・越谷市・川口市・三郷市東京都荒川区・江戸川区から多くの患者様にご来院いただいています。

腰痛おばあさん

順天堂病院前
しんもり整骨院 今川院

浦安市入船
しんもり整骨院 入船院

Twitter Facebook